札幌の現金化業者は古物商許可店

札幌の現金化業者は古物商許可店

古物の買取によるクレジットカード現金化

古物商の営業許可のある買取店

クレジットカードのショッピング枠現金化の方法は主に、

  • キャッシュバック付き商品の販売によるキャッシュバック方式
  • クレジットカードで購入した商品を換金する商品買取方式

に分類されますが、札幌の現金化業者はほとんどが商品買取方式によるクレジットカード現金化を行っております。

 

この商品買取による現金化方法は、キャッシュバックには必要ないない公安委員会による古物商の営業許可が必要になります。つまり商品買取のクレジットカード現金化は誰でもできるわけではなく、事業を開始する前に公安委員会から許可を受けなければ開業することはできないのです。

 

札幌の現金化業者は商品買取による方法ということは、北海道公安委員会から古物営業許可を受けている正規買取店となるため、キャッシュバックによる現金化方法のような、

  • クレジット決済したが振り込まれない
  • カード情報が不正使用された
  • 利用した現金化業者と連絡が取れない

などの心配は一切ないということです。

古物営業法に基づく商品買取の手続き

古物営業法では古物の買取を行う際に自動車運転免許証などの身分証明書による本人確認が義務付けられております。従って札幌のクレジットカード現金化の店舗に行く際には車で来店される方は運転免許を所持しているはずですので特に気にする必要はありませんが、電車や徒歩で来店される方は健康保険証やパスポートなどの本人確認書類がなければ現金化サービスをご利用いただけません。

 

それと共に買取同意書への署名を求められます。これは利用者が買取依頼をした事実を証明するものであり、一般的な商品券や貴金属の買取の際にも行われます。

古物の買取によるクレジットカード現金化の問題点

これまで商品の買取りでのクレジットカード現金化で摘発された事例はありません。そのためキャッシュバックによる現金化方法よりも安全といったイメージがありますが、これは現金化業者側にいえることなのです。

 

キャッシュバックの現金化業者が摘発された事例でも利用者は何の罪にも問われませんでした。これまで利用者がクレジットカード現金化で犯罪となった例はありませんが、商品買取による現金化方法では違法性はありませんがクレジットカード発行会社との契約違反に該当する行為となります。

 

これは日本クレジット協会やそれぞれのカード会社が注意喚起しているように換金目的によるクレジットカードの使用は禁止されているのです。つまり、古物営業許可を受けた現金化業者は古物営業法に基づき商品を買い取ることに問題ありませんが、クレジットカードで換金目的で購入した商品を現金化することは契約違反になるのです。

 

この規約違反問題はクレジットカード現金化の抱える永遠の課題とされ、解決することができる見込みは今のところありません。ですが規約違反にもかかわらず咎められることはない問題でもあり解決する必要すらないのかも知れません。


サイト最終更新日:2017/12/11
トップへ戻る